塾生・保護者様からの声

合格者の声

 入試の過去問を解いていたので、本番の入試では、あまり緊張というか、焦らずに解くことができました。また、塾では、学校と違って苦手な分野を多く勉強できたので、良かったです。僕は特に、数学が苦手だったけれど、克服できたと思います。塾で教わった裏ワザなども使えたので、よかったです。入試本番では焦らないことと、分からない問題を解くのを後にして、とばす勇気、丁寧に答えることが必要だと思いました。(藤島高校合格、Tさん)

             

 神明塾に入りたてのころは、宿題が多かったり、忘れ物をしたら家に帰ったりと大変でした。でも、そのおかげで、今は宿題をしっかりするくせがつき、忘れ物をすることもなくなりました。こんな自分に大変身できて、志望校に合格できたのは、神明塾のおかげです。本当に厳しく教育してくださりありがとうございました。(高志高校合格、Tさん)


 学校とは違うところは、過去問をたくさんやったり、とても実践的なことをたくさんできたところです。その分、テストの時も、「自分はこれだけやったんだな」と安心できたし、落ちついて受けることができました。自分で進める教材をするのと、塾に通うのとでは、絶対に塾に行った方が良かったなと思いました。神明塾で、私は全教科受けていましたが、それぞれの教科で教えてもらった対策や問題の解き方は、とても役に立ちました。(武生高校合格、Mさん)


 塾では、予習という形で新しい事を短時間でしっかり学べたので、学校で復習した時スムーズに頭に入ってきました。塾と学校の二回教えてもらったので、習ったことをあまり忘れませんでした。また、学校ではもらえない多くの過去問を解いて、理解し、繰り返すことで応用問題にも対応でき、助かりました。私が合格できたのは、この塾のおかげです。本当に感謝しています。(武生高校合格、Sさん)

 

 

 僕は国公立大学の文系志望だったので、二次試験で国語が必要でした。しかし英語や数学の勉強に追われていた当時の僕は、手の付けどころが分からない国語の勉強を完全に無視していました。当然ながら偏差値はみるみる下がっていき、気が付けば平均50を切る手前に。これではまずいと思い小中学時代お世話になっていた神明塾の門をもう一度叩くことにしました。 

 塾の授業では、言葉の微妙なニュアンスから回答の根拠に至るまで、一切の妥協を許されません。少しでもあいまいな部分があればすぐに書き直し、再度添削。これを何度も繰り返し、僕の偏差値は50から60、そして60から70へと伸びていき、志望校に現役合格することが出来ました。 

 そして大学に籍を置く現在でも、先生の強烈な授業は活かされています。難しい論文を読み、レポートを書く。そんな日々において、当時養った読解力・記述力は非常に役立っているのです。その意味でも、神明塾で指導をして頂いて本当によかったと思います。(大阪大学法学部合格、Nさん )

 

 僕は、小6から中3まで神明塾でお世話になりました。その4年間にやらねばならないことを厳しく鍛えられたおかげで今の自分があると言っても過言ではありません。大学受験の前には国語でもまた、しごかれました。僕が国語の指導を受けて一番良かったことは、同志社の過去問の記述の添削でした。自分の解答の隣に模範解答を書いてもらい、なぜそうなるのかというプロセスを各段落ごとの要点を示してもらったことで、どのように論述を完成させたらよいのかが明確になりました。おかげで、2次試験での記述解答の仕方にとても自信を持って臨むことができるようになりました。(同志社法学部合格、Nさん)

 

夏特訓受講の感想

 夏期特訓は、最初のうちはとても大変でした。しかし、何回か行くうちに、自分の力が上がっていくのが手に取るように分かって、驚きでした。分からない問題は、先生や周りのみんなと共に、考える事ができて、解けるようになりました。たっぷりと勉強することができて、とてもよかったです。

                                      (夏特訓受講、藤島高校合格、Yさん)

 

 家にいると、あれだけ静かな環境はないので集中できました。でも、さすがに休みなしの4時間はキツかったです。ちょっと問題につまずいていると、先生方のほうから教えに来て下さり、うれしかったです。説明がとても分かりやすかったので、前より難しい問題も少しできるようになりました。夏期講習を受けてよかったと思いました。
                                     (夏特訓受講、武生高校合格、Sさん)


 1日に3~4時間、続けて学習をすることが今までなかったので、とても長く感じました。だんだん慣れてきて集中してくると時間があっという間に過ぎている事もありました。この夏、僕は英語の長文の解く速さを速くしたいと思っていたので、英語にさく時間を多くしました。過去問で練習したことが確認テストに出たので、やってきてよかったと思いました。二学期もこの調子で学習していこうと思います。  

                     (夏特訓受講、高専合格、Tさん) 

 

保護者様からの声

 いつも娘が「英語の時間はあっという間に終わっちゃう」と言っていますが、今日、見学させていただいて、その意味が分かりました。楽しみながら英語を覚えていくという感覚が私の時代にはなかったもので、とても新鮮で、私まで楽しませて頂きました。今後の娘の成長が楽しみになりました。

                           (小学生 保護者より)

 

昨年初めて漢検を受け、1点足りず119点で不合格だったときは、とても悔しそうでした。しかし、その思いをバネにし、学校での国語(漢字)の取り組みも、一層真剣になり、半年後再チャレンジすると満点にあと1問と迫る148点で合格することができました。

 1点、1問の大切さを、漢検を通して知ることができ、良い経験になりました。この経験を勉強やスポーツ等、いろいろなことに活かしていってほしいと思います。                        (小学生 保護者より)